[TOP PAGEに戻る][学部(学士課程)]

 

 

 



「世界で初めて『未知現象研究学部』が、IOND University に出来ました。『未知現象』とは、読んで字の如く、未だ科学的には認知されていない現象を云います。未知現象には、科学が求める『再現性』を望めないものが多いだけに、科学的な調査や研究が困難な分野とも言えるかも知れません。当然のことながら、他の学問分野に較べて過去の研究成果も少なく、定説などもありません。また、日常からかけ離れた現象が多い為、いわゆる常識で判断する、ということも難しい。が、現象自体が存在することは確かなのです。では、どのような方法や手段で研究を進めたらよいのか? それもまだ確立したものは出来ていません。全てはこれから。1つづつ手探りで進めていかなくてはなりません。それだけにやり甲斐のある研究分野と云えるでしょう。やる気のある学生が一人でも多く参加されることを願っています。」

学部長 矢追 純一









UFOの研究から始まり、宇宙物理学など最先端科学まで広がる。
UFOLOGY学科 UFOロジー概説(必修科目)、UFO研究序説(必修科目)、宇宙生命存在の確立、 UFO最新情報、NASAの宇宙計画とUFO(1)、NASAの宇宙計画とUFO(2)、 アブダクション事件、UFOカバーアップ隠蔽工作、etc.
超能力学科 超心理学入門(必修科目)、超能力概論(必修科目)、 超能力への科学的アプローチ(1)〜(4)、超能力の実際、超能力犯罪捜査、 気功入門、超能力治療の実際、etc.
心霊現象学科
死後の世界入門(必修科目)、臨死・体脱体験(1)(2)、 霊界概論、前世発見法、スウェーデンボルグの霊界研究、etc.
超考古学科
学科
超考古学科入門(1)、超考古学科入門(2)、謎の遺物遺跡(1)〜(4) 地球空洞説、失われた聖櫃、失われた大陸説(1)(2)、日本超古代史、etc.
超常現象学科
超常現象入門(1)(2)、ミステリーサークル、シンクロニシティー入門、 フインドホーンの奇跡、etc.
超科学科
超科学総論(必修科目)、フリーエネルギー入門、ハチソン効果研究、 半重力研究、波動性科学入門、形態形成場入門、 サイコテクノロジーとヒーリングの実際、タオ自然学研究、タイムトラベル、 サイ科学研究、原子転換の科学、etc.






image1 image1 image1 image1
image1 image1 image1 image1
image1 image1 image1 image1
clickすると拡大表示します。



■7月17日生まれ。かに座。
■1960年3月中央大学法学部法律学科卒業。
■同年4月日本テレビ放送網(株)入社。
■日本テレビ時代は「11PM」「木曜スペシャル」などを担当し、UFO及び超能力番組のディレクターとして活躍する。
■1986年日本テレビ退職。
■矢追純一オフィス主宰(財)地球環境財団理事
(株)ジェイプランナー代表取締役社長、(有)スペース・ラブ取締役。
■現在、地球環境問題、UFO問題を中心に、フリーのディレクター、 プロデューサーとして、テレビ、ビデオやラジオの番組制作及び出演で活躍中。さらに、著述、講演、レクチャー、そして取材などで世界中を奔走。

『大学におけるUFOロジー講座は、既に、米国テンプル大学でもジェイコブス教授によって行なわれ、ハーバード大学のジョン・マック教授もUFO研究についての優れた著書を発表しています。また、ロシアにおいても非伝統科学大学でUFOロジー講座を設けていますが、これまで日本では立ち遅れの感がありました。今回、本大学で開講されたのを機会に、生涯の仕事として打ち込みたいと考えています。UFOロジーの範囲は非常に広く、宇宙物理学、天文学、量子力学、推進機関に関する先端科学、宇宙生物学、医学、宇宙社会学、 宇宙考古学、宇宙心理学、宇宙生理学、進化論等々多岐かつ広範囲に及びます。 また、超能力・超科学・超常現象・心霊科学・超考古学等、研究すべき未知の現象も数多く存在します。これらを体系的にまとめて、一つの学問分野として成立させたいと願っています。』




所属教職員
名前教職名専攻
矢追 純一教授・学部長ユーフォロジー
阿久津 淳教授超常現象学
丹羽 豊教授ユーフォロジー
實藤 遠教授ニューサイエンス
津田 憲次教授素粒子論
石川 豊教授宇宙心理学